小学生のころから毛深かった私

小学校5年生の時の写真を見ると鼻の下が黒っぽく、産毛が濃いのがわかります。昔は小学生でも脱毛できる脱毛サロンなんてなかったので、今の子供たちがうらやましいです。(※小学生のキッズ脱毛⇒https://xn--48s3ok50bf5il9o.jp/

そのころにはもう自分が毛深いことを自覚していましたが、勇気を出してカミソリで剃ったのは中学生になってからでした。

剃ったのはいいのですが、そこから生えてくる毛が太く濃く見えて、今まで以上に目立ってしまって困りました。夏は特に少しでも毛が生えてくると目立つので足の毛も腕の毛もわきの毛も頻繁に剃っていました。

一時期毛を抜くことにもはまりましたが、毛の生えるのが早すぎるのとあまりにも広範囲で間に合わず、終わりのない作業に毛抜きを放棄してしまい、それからずっと脱毛はカミソリ派です。

一番困るのは下の毛が広範囲にわたって生えているので、プールや海に行けないことです。最後に高校の授業でプールに入って以来私は泳いだことがありません。

長さもあって先の方がはみ出るので切ると先端がとがって水着を突き抜けてしまい恥ずかしいですし、端の方は動いているうちに剃って黒ゴマみたいになっている剃り残しが見えますし、自分は足も細くてスタイルが抜群と言われていたので、そんな若い時代に毛深いという一点で海やプールで遊べなかったことは本当に悔やまれます。

毛深くさえなければビキニを身に着けて堂々と海岸を歩いていたことでしょう。あまりにも海から遠ざかっていたが故に今まで水着などを見に行ったことがなく、去年くらいにTシャツ短パンのような水着も売っていたんだなということを知って、もっと早く知っていたらと思いました。

全身脱毛にしたらとても楽で人生変わりそうだな、と思うこともありましたが、私の毛質がほかの人と違ってものすごくお金がかかったらどうしようとか体に悪かったらどうしようと考えていけませんでした。

というのも私の髪の毛がどうやら普通の人とずいぶん違うようで、美容院に行くたびに美容師さんに、髪の毛が多いのはもちろん、硬くてパーマ液が入らない、全然乾かない、パーマすると1か月後には髪の色が変わるなど、人と違うところを指摘されてしまい、毛に関してはいろいろとトラウマを抱えていたからです。

普通女の人は生えないようなところにも毛が生えているし、一生自分で処理するしかないと覚悟を決めました。結婚してから夫が私の毛を見て驚きますが、それに対して嫌悪感を抱かずに別に剃らなくてもいいと言ってもらえるのが楽ちんで救いでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です