月別アーカイブ: 2017年12月

ヒゲ剃りで皮膚にダメージ!?

毎朝、ヒゲを剃るのが面倒です。
鏡の前に立ってヒゲ剃りをする度、心の底からそう思います。

放っておけば当たり前のように伸びていきますし、
元々童顔なのもあって、伸ばしたヒゲが全くサマになりません。

そういったファッションとしての側面ももちろんありますが、
それ以上に私には、ヒゲを伸ばし続けられない事情があるのです。

実は、幼少期からアトピー性皮膚炎と診断されており、皮膚が非常に弱いのです。

カミソリをあててヒゲを剃る際、どうしても顔の皮膚に負担がかかってしまいます。
通常のカミソリでは、皮膚がカミソリ負けしてしまい、
まるでミミズ腫れのような状態になってしまいます。

今は皮膚への負担が少ない電気式のシェーバーを愛用していますが、
皮膚への負担軽減を重視すると、ヒゲ剃り跡がまるで青ヒゲのようになってしまい、
丁寧にやらなければ剃り残しも出てしまう始末。
これはこれで見た目に難があります。

かと言って、深剃りのシェーバーを使うと、
カミソリを使っている時より多少マシに感じるものの、
結局は皮膚に負担がかかってしまい、相当肌が荒れてしまいます。

丁度いい力加減のシェーバーが見つかれば問題は無いのでしょうが、
なかなかそう都合の良いものは見つからず……。

ヒゲを伸ばした場合でも、毛に付着した汚れなどが皮膚に移り、
炎症を起こしてしまうことさえあるのです。

ただでさえ、子供の頃から皮膚のことで苛められた経験があります。
皮膚が荒れているというのは、私としてもコンプレックスを刺激される、とても嫌な状態なのです。

今、比較的真剣に、ヒゲの脱毛処理について検討しています。

レーザーなどを使うものが多いという話を聞き、皮膚への影響はどうなのか、炎症を起こしたりしないのかなど、疑問に思う点や、不安なところはもちろんあります。

ですが、そういった安全性やアフターケアの問題をきちんとクリアした上でなら、
ヒゲ脱毛をする、というのも選択肢のひとつとして考えてよいのかもしれません。

私は金沢市に住んでいるのですが、金沢市内だとリンクスというメンズ脱毛専門サロンが良さそうです。今度カウンセリングに行ってみようと思っています。

参考に・・・石川県金沢市のメンズ脱毛※ヒゲ脱毛が安いサロンはどこ?

初戦から完成度の高い選手たち

フィギュアスケートのシーズンが本格的に始まりました。先日、イタリアで行われた国際大会で男子シングルスでは宇野昌磨選手が自己ベストを更新して優勝。女子シングルスではロシアの15歳、ザギトワ選手が優勝し、僅差で樋口新葉選手が準優勝。

この3人はほぼノーミスの演技でこの時期にして完成度の高い演技を見せてくれました。オリンピックシーズンなのかは分かりませんが、序盤からしっかりと仕上げてきているなぁと感心しました。

宇野選手はここ数年で4回転ジャンプの種類を1種類から4種類まで跳べるようになりました。本人も「何故か跳べる」というほど技術の吸収力には驚かされます。きっと、彼がコツコツと積み上げてきたものがここ最近で開花したものだと思います。羽生選手と並ぶオリンピックメダル候補というのは間違いないと思います。

ザギトワ選手は今季シニアに上がった選手ですが昨年から急成長した選手です。ショートもフリーも後半に跳ぶという離れ業をいとも簡単にこなすのです。ジャンプだけではなく、スピンもステップもしっかりこなせる選手でしかもお人形さんのようなルックスで惹きこまれます。この選手は世界トップで戦えると期待しているのでぜひオリンピックの舞台で見てみたいです。

そのザギトワ選手にわずか0.83点差で逆転されたのが16歳の樋口選手。昨年シニアに転向しましたが、ジャンプが安定せず悔し涙を飲んできた樋口選手ですが先日の大会を見ると今季の試合は期待できそうな予感がします。樋口選手のハイスピードから繰り出す大きなジャンプが決まると本当に気持ちが良いのです。先シーズンの悔しさをバネに今シーズンは彼女の本領を発揮してもらいたいです。